事業戦略と事業承継を考える経営者向けに最年少合格の税理士が運営するオンラインサロンです

  1. 経営者向けおすすめビジネス書の要約
  2. 130 view

伝説のゲーム開発者兼経営者より学ぶ経営者の姿勢と、コンテンツ提供者の在り方

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分 31 秒です。

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた/ほぼ日刊イトイ新聞

岩田聡さんをご存じでしょうか?

任天堂の社長に席を置いたまま、2015年7月11日に若くして、お亡くなりになられた伝説のゲーム開発者です。

任天堂と言えば、京都に本社を置くことで、私が暮らす関西にもなじみがある会社にはなるのですが、祖霊以上に、「ファミコン」、「スーファミ」、「ゲームボーイ」、「ニンテンドーDS」、「Wii」をはじめ、最近では、どこでも遊べて、つながることができる「Nintendo Switch」が、人気ですよね。

そんな任天堂に、42歳の若さで社長に就任し、「ニンテンドーDS」、「Wii」をプロデュースし、自身の軸である「ゲーム人口の拡大」に貢献されたのが、岩田聡さんです。

「 Nintendo Switch 」の骨組みについても着想していたと言われています。岩田さんが世に送り出したゲームシリーズで言えば、「星のカービィ」「大乱闘スマッシュブラザーズ」「大人の脳トレ」をはじめ、世の中のゲームに対する価値観を変えた様々な作品があります。

また、経営者としても、任天堂に身を移す前職のHAL研究所の社長時代に、15億円の借入金を6年で返済したという強烈な伝説があります。

ゲーム開発者が、経験もない巨額の借金を抱えて社長に就任してからの6年ですよ。順調な会社を引き継いで会社を後退させてしまう経営者が数多くいる中で、ゲーム開発もしながら、圧倒的な経営手腕と言えるのではないでしょうか。

任天堂とのかかわりでいえば、山内家が創業した任天堂を初の親族外後継者として、42歳の若さ、かつ、任天堂への移籍後2年目で社長に抜擢されています。

そんな、数々の伝説を持つ岩田さんとはどういう人物だったのか、生前どんなことを言っていたのかを、生前親交が深かった糸井重里さんが、まとめられたのが、本書となります。

本記事のポイント

岩田さんの名言を深堀り

岩田さんの人物像を深堀り

宮本さんと糸井さんが語る岩田さん

本書で取り上げられる岩田さんの名言

本書で取り上げられている岩田さんの名言は、様々あります。

私が特に感銘を受けたものを三つ紹介します。

説明してそれを聞いた人がわかるのと、その分かった人が、他の人に説明できるほどわかることはぜんぜん別

つまりは、伝えたという意識が、伝えたつもりで終わっていないですか?という話ではないかと感じました。コミュニケーションを円滑に行ううえで、「よし!伝わったな」と思っていても、意外と、人はそんなに真剣に聞いていなかったり、理解していなかったりすることって結構あります。

だから、理解したと言っていても、「じゃあどうゆうこと?」とか、「じゃあ私に、説明してみて?」ともうワンクッションをうまく促すことで、コミュニケーション能力や人材マネジメントの能力はより向上するのではないかと感じました。

才能というのは、「ご褒美を見つけられる能力」のことではないか

岩田さんは、「なしとげたことに対して快感を感じられること」が才能ではないかと語っていたようです。その点ゲームは、「クリアしたらメダルやトロフィーがもらえる」「全国上位にランキングされる」などフィードバックの仕組みがどんどん進化しています。

一方で、一見まだ日の目を見ない努力に没頭して、自分自身でフィードバックを感じ取れるように仕組み化ができていたり、人からみたら、努力でしかないことを楽しく積み重ねることができている人は「才能」ですし、「最強」ではないかということですね。

今でこそ、SNSなどで、自分がチャレンジする過程なども物語として発信できる世の中となりましたが、昔の方々はそのような仕組みはありませんでした。もっと言えば、現代でも何かに踏み出すことは、自分自身との闘いであることがほとんどではないでしょうか。私は、この言葉に触れて、元々楽しめている読書や勉強だけでなく、少し気が向かない仕事にもいかに楽しむかという思考回路を持とうと肝に銘じようと反省しました。

天才とは、「人が嫌がるかもしれないことや、人が疲れて続けられないようなことを、延々と続けられる人」

天才とは、革命的な発想で、イノベーションをもたらす人とイメージされがちです。しかし、これは継続的に、成果を出し続けている人たちが、口を揃えて語るのが、成果を支えているのは、 真摯に向き合ってきた積み重ねの結果でしかないという話です。 一発何かを当ててで輝くことも、もちろんすごいことです。欲を言えば、誰しも継続的に成果を出し続けたいものですよね。

才能の話とも少し重なりますが、誰も面倒だからとか、楽しくないからを理由にして、踏み出さないジャンルでこそ、輝けるものがあると信じて、精いっぱい楽しもうと肝に銘じました。

本書で語られる岩田さんの人物像

名経営者であった岩田さんは、従業員を愛する姿勢もぴか一でした。

そんな岩田さんが、経営やゲーム開発を行ううえで、大切にしていた価値観も数多く紹介されています。

その中でも、私が感銘を受けた考え方を3つ紹介します。

ひとりひとりがみんな違う強みを持っていることを前提に、ひとりひとりが持つ、人との違いをきちんとわかりたいと思う。それがわかって付き合えたら、今よりもっと可能性が開けるっていつも思う。

これって、言うのは簡単ですけど、日々意識することって相当大変ではないでしょうか?リーダーや人を指導する立場に立てば分かることですが、「なぜそんなことするんだ?」とか、「また勝手なことをして」と忙しいときこそ部下の理解できない行動を否定しがちです。

岩田さんは、どんなに忙しくても、従業員全員(HAL研時代)、開発者全員(任天堂時代)との面談を定期的に実施していたそうです。いい意味でのトップダウンで、理解しようと努めたということですね。

これを聞いて、私は部下に対する接し方について、少し反省しましたが、あなたは、どう思いましたか?

岩田さんは、ひとりひとりが持つ強みやポテンシャルを理解し、なるべく有効に使えるよう、適材適所を意識されていたそうですよ。

「なぜそうなるのか」わかりたい

岩田さんは、事実をみたら「なぜそうなるのか」という仮説を立てていたと言います。読書家でもあった岩田さんは、なぜそうなるのかという意味で、行動経済学の勉強にも熱心だったと語られています。

お亡くなりになった野村監督が、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という名言を残しているように、松下幸之助さんが、「成功は運、失敗は、実力」という名言を残しているように、要因を分析すべきという話は色々なリーダーが語っています。

私個人で見ても、成功している時こそ成功要因を分析しておくことが重要という価値観を、世界倒産図鑑の中で、イノベーションなどに敗退した企業を見る中で、学びました。

なぜそうなるのか?と理解しておくことで、次につなげ、大局観をもつことが重要という価値観は、岩田さんも大事にされていたということですね。

数多くの方が証言されているように、コンピューターについて誰よりも理解していたのが、岩田さんだったようです。自分が書き上げたプログラムがなぜ正常に作動しないのか、だけでなく、他人が書き上げたプログラムのどこが誤作動の要因なのかまで、すぐ理解できる能力まで持ち合わせていたといいます。

なぜなぜ思考を持つことで、処理能力が磨かれることが学べる話とも言えるのではないでしょうか?

ゲームで毎日遊ぶ、というよりも、日常にゲーム機が溶け込んでいるような姿が理想

岩田さんは、「ゲーム人口の拡大」を自身のテーマにされていたのは、冒頭でも触れたとおりです。

そんな岩田さんは、ゲーム業界から、人々の生活を豊かにできることはないかと常に考えていたのではないかと感じました。

岩田さんは、常に時代に合わせたコンテンツ展開を行ってきました。

本書を読むと、面白いのですが、テレビが一人一台に移行する段階に合わせて、「ファミコン」や「スーファミ」を展開していった話や、CMのイメージでもわかる通り、デジタル放送の開始により、一家に大きなテレビが一台あるという時代への移行にあわせて「Wii」が展開されていきました。また、「Wii」を操作する端末を「コントローラー」ではなく、「リモコン」と名称づけた由来の話も非常に面白いです。

最近でいえば、「Nintendo Switch」がヒットしているのは、遊び方の多様化や、どこでも、誰とでもつながりたいという時代に合わせた展開ができているからではないかと私は感じました。

つまり、任天堂が世に放つプラットフォーム的ハードウェアは、「時代とともにある」と言うことができ、そんな流れは、岩田さんがもたらしたのではないでしょうか。

③宮本さんと糸井さんが語る岩田さん

宮本茂さんが語る岩田さん

宮本さんとは、任天堂の代表取締役も務めたゲームクリエイターで、2019年には、ゲーム関係者では初となる文化功労者にも選定され、話題となった、

岩田さんが語る中で、宮本さんのことを、「アイディアの発想がすばらしい」と絶賛していることが印象的な方ですが、その宮本さんはというと、岩田さんのことを、「勉強熱心だった」「ロジカルシンキングが優れていた」「プログラム力がずば抜けていた」と開発者としての視点をほめたたえています。

宮本さんにとって、岩田さんの存在は相当大きかったようで、いち経営を支えるメンバーというだけでなく、生活の一部だったと言います。あふれ出るアイディアを相談する人がいなくなった。それは、体の一部がなくなったことと同じとも糸井さんとの対談の中で、お話されています。

糸井重里さんが語る岩田さん

糸井重里とは、名コピーライターとしても言わずと知れた有名な方です。数々の名キャッチコピーを生み出したことでも知られますが、ゲーム開発の現場でも岩田さんと同じ環境で切磋琢したことをきっかけに、親交を深められたそうです。

そのきっかけともなるゲームが、岩田さんの名言の一つとも言われる「いまあるものを活かしながら手直ししていく方法だと2年かかります。いちからつくり直していいのであれば、半年でやります」を生み出した「MOTHER2」というゲームなんですね。糸井さんが身を置く開発チームが4年ほど試行錯誤していたころに、岩田さんが現れて、1年ほどで、市場展開に結びつけたそうです。

そんな糸井さんが、岩田さんについて、まずすごいと感じたのは、「MOTHE2」に岩田さんが合流した時にも、自分ひとりで黙々と手直しに着手するのではなく、スタッフ全員がゲームを直すことができるツールをつくることから始めたというお話です。

これって岩田さんの人間性を何よりも表している話だと感じました。困難な仕事に対して、全員で楽しもう!まず、楽しめる仕組みをつくろう!という姿勢を持っていたということですね。

おわりに

私たちは、偉大な経営者である岩田さんから学ぶべきことがたくさんあるのではないでしょうか?

岩田さんが、世に送り出し、今となっては、ゲーム業界では、当たり前となっていることは数多くあるのだろうと思います。

そんな、人々の生活を豊かに楽しくサービスを展開していく経営者やリーダーを私も目指しています。

分野は違えど、52歳の若さで急逸された岩田さんの分まで、関西を盛り上げる一人になっていけたらなと感じました。

そのためには、私は、今日も一つでも多くの知識に触れ、人の助けとなる情報を発信するのみです。

ではまた!

 

The following two tabs change content below.

税理士 ヒロ

経営者、数字が苦手な方に寄り添い、税務の立場から支援したいという思いから税理士を目指し、20歳の時に税理士試験に合格しました。 その後、資産承継、事業承継に特化した税理士事務所に入社し、日々顧客の満足とは何か、自分の成長の形とは何かを追い求め、7年目に突入しました。 こちらのブログでは、私の日々の学びやアウトプットを記事として投稿しておりますが、会社経営をされる方、新規事業を考えられる方、事業戦略を考えている方の少しでも参考になれば嬉しい限りです。 私のアウトプットを通して、足りないと感じていた1ピースや、改めて見つめなおすべき1ピースを見つけ、考え直す場として活用頂ければと考えております。

経営者向けおすすめビジネス書の要約の最近記事

  1. すべてがオンラインになった世界でのビジネスの在り方と成長戦略

  2. デザイン経営を後押しする人材戦略を考える

  3. 「考える力」と「感性」が求められる時代の歩み方とは

  4. プラットフォーマーとは何か?成長のためには、何が必要なのか?

  5. インターネットの正しい歩き方を考えよう【自分の頭でしっかり考えるための問題提議】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 最年少合格税理士の独り言

    ボクが考える無料化の威力
  2. 資産承継について考える

    資産や事業を守るための「倒産隔離機能」活用を考える
  3. 経営者向けおすすめビジネス書の要約

    すべてがオンラインになった世界でのビジネスの在り方と成長戦略…
  4. 最年少合格税理士の独り言

    二兎を追う者だけが三兎を得る【本当にそれって選択すべきことで…

おすすめ記事

Twitterのフォローはこちらから

YouTubeサブチャンネル

PAGE TOP