事業戦略と事業承継を考える経営者向けに最年少合格の税理士が運営するオンラインサロンです

  1. 経営者向けおすすめビジネス書の要約
  2. 372 view

人類の繁栄はフィクションから始まった【サピエンス全史 上巻】

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分 24 秒です。

サピエンス全史 上巻/ユヴァル・ノア・ハラリ

サピエンス全史は、すごく固い文章で始まるビジネス書なので、私も読み始めるまでに、時間がかかりました、、、しかし読んでみると、固い文章だなと感じる以上の何倍も面白さを感じました。

人類史ということで、歴史の一分野に属するものと考えますが、日本史や世界史よりもより広い視点で、過去からの経緯が説明されており、これからの未来を予測していくうえで、非常に有効なツールになるということを感じました。

 

 

人類に訪れた三つの革命

この書籍の冒頭で、人類にもたらされた三つの革命の話が登場します。まず、7万年前に訪れた認知革命、次に、約1万2000年前に訪れた農業革命、500年前ごろよりはじまった科学革命の三つです。

この三つの革命が人類(私たち現代人が属するホモ・サピエンス)に繁栄をもたらしたということなんですね。上巻では、その中でも、人類の誕生、認知革命、農業革命を経て、科学革命に至る直前までが取り上げられております。

人類誕生から認知革命まで

人類誕生とホモサピエンスの位置づけ

この書籍の中でも、衝撃を受ける一つが、元々人類は、一つの種族だけではなく、複数の種族が存在していたという話です。現代に生きる私たちホモサピエンスは、その一種でしかなく、他のネアンデルタール人をはじめとした種族を滅ぼして、生き残った種族という話です。

私は、チンパンジーから進化してきた結果が、今にあるという進化論のイメージを持っていたので、殺し合いの中で、生き残ったというのは、かなり衝撃でした。

そういう意味では、私たちが存在している数万年は、地球の歴史の中では、「たったの数万年です」、今後より優れた種族が今後登場すれば、ホモサピエンスは滅ぼされる可能性もあるといえるのではないでしょうか。そもそも種族は統一に向かっていくということとも考えられると思います。

認知革命

認知革命とは何か?

これをシンプルに表現すると、それは、「嘘をつけるようになったという進化」です。

イルカや猿含め動物には、危険を知らせる合図や、超音波などのコミュニケーションツールを持つものも多いですが、ホモサピエンスは、複雑な言語を習得したことにより、より多様な、コミュニケーションを取ることができるようになりました。

言語能力の発達により、危険な状況を具体的に説明し、噂話をすることで、情報伝達の速度を速め、仲間意識が醸成しやすくなっただけでなく、神話や寓話など、実際には、まったく存在しないものを集団に信じ込ませることにより、集団の協力を得やすくし、集団組織の規模を広げることで、数的有利な状況をつくり、他の種族を滅ぼしやすくする土台ができたということです。

指で指し示すことができない、国境や会社など概念的なものを信じ込ませるためには、物語を語り、ルールを守らせたりする必要があります。

物語や法律などは、自然界に存在していたものではなく、人間が作り出したものです。それを自然の摂理でもあるかのように、信じ込ませることができるほど言語能力が発達したことにより、協調性が芽生え、繁栄をもたらしたということなんですね。

この一連の発展が、認知革命です。書籍では、ホモサピエンスが、他の人類や、動物を絶滅させていく過程も解説されているので、ぜひご一読して、言語が持つすさまじさを感じてもらえればと思います!

農業革命

次に農業革命です。

これはなんとなく、イメージしやすいと思いますが、農業を身に着けるまでの人類は、狩猟採集により、食料調達を行っており、遊牧民のように、集団で移動しながら生活していたと説明されています。

それが、農業技術を身に着けたことにより、人は定住が基本となり、安定的に食料調達ができるようになったと言われています。この農業技術の発展が、農業革命と言われるものです。

しかし、農業革命は人類にとっての罠だったと説明されています。

これを理解するには、農業により生活スタイルが変わることのメリットとデメリットを理解しておく必要があります。

農業革命がもたらしたメリット

・助け合い精神が芽生えやすくなった。

→狩猟採集民のように、移動生活を前提としている社会では、足手まといとなったけが人や重病人、老人は、殺されていたり、置き去りにされていたといいます。

・富を蓄える意識が醸成された

→狩猟採集の場合、頑張れるだけ頑張っても、特に生ものを大量には、蓄えておけません。腐敗してしまうからです。取りすぎても意味がないのです。

→一方で、農業の場合、食材や保管方法にもよりますが、大量保管しやすいものも多く、その日その日の食料への意識から、次第に、来年、再来年、数年後などより長期スパンでの食料確保に意識が向かうようになったのです。

・食べたいだけ食べられるというような幸福度は、減るかも知れないけど、安定的な栄養確保ができる

・定住を行うことで、妊娠のケアがしやすい。

→人口増加を後押しすることになった。

農業革命(定住)がもたらしたデメリット

・食物の多様性が低下する(移動しながらの狩猟採集から小麦、稲、ジャガイモなど単一少数の作物依存へ)

→栄養失調の増加、平均寿命の低年齢化(人口増加は、平均寿命が延びたのではなく、出産数を増やしやすくなったから)

定住により、出産しやすくなったとはいえ、ファクトフルネスにもあった通り、貧困であればこそ出産数は増えるという法則がここでも言えそうですね。

・家畜を由来とする感染症の蔓延

→不潔な定住地が後押し

・災害による影響をもろに受ける

・武力抗争が行われたとき、非難せず、戦うしかない

→必死に育てた農地や家を手放したくないという精神から

農業による定住から国の形が出来上がっていく

農業が定住をもたらしたことで、次第に国という形ができあがっていったと説明されています。農業を行うことにより生まれた余剰作物をエリート層が徴収するという納税のような仕組みも生まれていったとされています。

国を統治していくためには、国民にあらゆる神話や嘘を信じ込ませることが効率的な運営を支えます。例えば、

・生まれ持った階級があるというような話(上位人、一般人、奴隷、武士、農家など)

・肌の色により、差別が行われる(白人は優れているが、黒人は、、、のような話)

・悪いことをすれば、罰を受ける(狩猟採集時代は、足手まといと考えられる老人が平気で殺されていました)

などです。

歴史を動かした重大な要因の多くは、法律、貨幣、神々の神話、国民や国境といった目には見えないものや信じられることで価値を生むものがほとんどです。国土を広げるための戦争が行われることおありましたが、冷静に、国境って何?と聞かれたら人が決めたものですよね。

この元々なかったものを信じ込ませる能力こそ、認知革命により、ホモサピエンスが身に着けた言語が可能にさせるとも言えるでしょう。

これが、本記事のタイトルにもあるとおり、フィクションから繁栄が始まったということです。

私たちは、日常で、ドラマや映画、物語、ゲームを楽しむことが多いですが、そのようなフィクションを楽しめる背景をたどれば、認知革命があるというのも興味深いですよね。

人類の統一へ

上巻の最後で、人類は統一へ向かうという話が始まります。

実際問題として、国境が全てなくなり、統一される可能性は、私が寿命を全うするまでの間には、ありえないだろうと考えますが、あくまでサピエンスを数千年、数万年レベルの話でとらえればありえないことでもないと思います。

そもそも、農業革命前夜には、何千もの異なる言語や文化があったと言われていますが、これが次第に国という形で、集約、統一されていき、私たちが生きる現代での国の数は、認められているレベルで、200弱しかありません。

このように長期スパンで歴史を観察すれば、統一がされつつあると言えます。

ただ、私の個人的な価値観で言えば、効率的な社会運営を行ううえで、統一にもこれ以上は、統一しなくてよいという限界が存在するのではないかと考えております。

日本でも金融機関をはじめ、様々な企業の合併が日々行われていますが、銀行の合併であれば、バブル経済などの経済的背景があったり、企業の合併であれば、大企業がスタートアップが持つノウハウを吸収するためのある種暴力的な買収が行われることも確かです(武力を資本力に変えた統一に似ている)が、トップシェアでない企業同士が、トップシェア企業に立ち向かうための合併や、経営の合理化のための合併など、やむを得ず合併しているケースもあります。

仕方なく合併したという話も少なからずあるのではないでしょうか。日本の会社で考えて頂ければと思いますが、すべての会社が一企業グループに属することなど近い将来でイメージできるでしょうか?

人類の統一の可能性とは、これと同じようなことが言えると思います。企業の統一も数百年、数千年以上の長い目線で見ればわかりませんけどね、、、

人類統一のための三種の神器

前段が長くなりましたが、本書では、人類の統一のためのツールとして、3つの強力な秩序が生み出されたと説明されています。それが、貨幣、帝国、宗教の三つです。いわば人類統一(国家数縮小)のための三種の神器と言えるでしょう。上巻では、貨幣と帝国までについて触れられています。

貨幣

貨幣が機能するのは、信頼されている時のみです。この信頼のためには、貨幣が、税金の支払いに使えるという意識を根付かせたり、国民増加により、職業が多様化し、専門特化していく中で、物々交換の限界を調整するための持ち運びしやすい交換ツールとして貨幣が使えるという意識を根付かせることで貨幣が信頼されていったと説明されています。

税金は、貨幣の信頼を高める側面があるという話や、貨幣量を調整するためにあるという話は、奇跡の経済学にて、もう少し詳細に触れられていたので、ぜひそちらもご一読頂ければ、貨幣史を楽しんでいただけると思います。

なお、帝国を一部の団体や国家に信じ込ませることができれば、他の国家や団体が信じていなかったとしても、国家間の取引を仲介する貿易商人の間で、この貨幣に関する価値を利用して、儲けようとする人たちが出てくるため、いずれは、貨幣に対する信頼が広がっていくという話も紹介されています。

例えば、100円で買ったりんごの値段が国ごとに異なり、1000円や10000円で売れる国があるとすれば、無限に儲けることができますよね。だから、貨幣価値は安定していくんだという理屈です。非常に面白い話ですよね。

帝国

次に帝国です。帝国は異なる文化と独自の変更可能な領土を持つことで成立します。それでは、文化や国境とは何でしょうか?これは、前にも触れたとおり、そもそも人が作りだしたものです。つまりは、帝国も人が作り出したものと言えます。帝国の成り立ちには、暴力的な支配による国家統一や強力な信奉者などを存在させることにより、始まります。帝国という形を取ることで、文化は次第に統一されていき、法律など共通の認識による統治が始まります。

帝国が、共通の文化を根付かせようとするのには、二つの理由があります。

一つは、帝国内での標準化、いわば普通を定義することで、管理がしやすくなるからです。ある地域では人を殺したり、モノを盗んでもいいけど、ある地域では死罪に値するなどの文化が帝国内で存在すれば、混乱を招いてしまいますよね。

もう一つは、正当性を獲得するためです。帝国の統治のためには、軍隊を整備したり、税金を支払わせたりする必要があります。人はなぜそんなことをする必要があるのか理解できないと行動しない人も多いです。意味がない行動をわざわざする人は少ないですよね。税金なんて冷静に自分のことだけ考えるのであればなぜ払うのかは正直謎でしょう、、笑

しかし、税金を納めるのは、社会福祉のためだとか国家繁栄のためだというような正当性を共通の認識を浸透させることができれば、国民が多少自分のためだけではない負担についても、受け入れてくれる可能性が上がるということです。

これらの合理的な支配を行うために、共通の文化が存在していくということですね。非常に面白いですよね。

上巻のまとめ

私たち現代人が繁栄してきたのも、フィクションをつくる能力があってこそだったという話や、そのフィクションでもって、他の人類を滅ぼして、ホモサピエンスが唯一生き残ったという話は、かなり衝撃的でしたよね。

私たちの未来は、統一に向かうのでしょうか?ホモサピエンス以上の特殊能力を持つ、ニュータイプの人類が突然変異的に誕生し、ホモサピエンスが取って代わられることもありえるのでしょうか?

下巻へ続きます!

ではまた!

まとめノート(時間がない方は、これだけ見てもOK!)

The following two tabs change content below.

税理士 ヒロ

経営者、数字が苦手な方に寄り添い、税務の立場から支援したいという思いから税理士を目指し、20歳の時に税理士試験に合格しました。 その後、資産承継、事業承継に特化した税理士事務所に入社し、日々顧客の満足とは何か、自分の成長の形とは何かを追い求め、7年目に突入しました。 こちらのブログでは、私の日々の学びやアウトプットを記事として投稿しておりますが、会社経営をされる方、新規事業を考えられる方、事業戦略を考えている方の少しでも参考になれば嬉しい限りです。 私のアウトプットを通して、足りないと感じていた1ピースや、改めて見つめなおすべき1ピースを見つけ、考え直す場として活用頂ければと考えております。

経営者向けおすすめビジネス書の要約の最近記事

  1. すべてがオンラインになった世界でのビジネスの在り方と成長戦略

  2. デザイン経営を後押しする人材戦略を考える

  3. 「考える力」と「感性」が求められる時代の歩み方とは

  4. プラットフォーマーとは何か?成長のためには、何が必要なのか?

  5. インターネットの正しい歩き方を考えよう【自分の頭でしっかり考えるための問題提議】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 最年少合格税理士の独り言

    ボクが考える無料化の威力
  2. 資産承継について考える

    資産や事業を守るための「倒産隔離機能」活用を考える
  3. 経営者向けおすすめビジネス書の要約

    すべてがオンラインになった世界でのビジネスの在り方と成長戦略…
  4. 最年少合格税理士の独り言

    二兎を追う者だけが三兎を得る【本当にそれって選択すべきことで…

おすすめ記事

Twitterのフォローはこちらから

YouTubeサブチャンネル

PAGE TOP