事業戦略と事業承継を考える経営者向けに最年少合格の税理士が運営するオンラインサロンです

  1. 経営者向けおすすめビジネス書の要約
  2. 16 view

心配性が世界を制する【リーダーの心構え】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 47 秒です。

心配性だから世界一になれた/小山進

エスコヤマといえば、コヤマロールやプリンは、食べたことがあるのですが、ショコラで世界一になられていることは、恥ずかしながら、全く知りませんでした。

そんな小山さんの仕事に対する心構え、仕事を頼む時のリーダーの心構えについてまとめられた書籍を紹介したいと思います。

この書籍を読んで学べること

前始末(事前の段取り)の重要性

仕事を頼む際の心構え

成長を加速させる業務報告と振り返りについての心構え

前始末の重要性

小山さんの仕事に関する心構えの中で、サービス向上を徹底的に考える柱となっているのが、「心配性」であることがその要因であると小山さんは仰っています。

依頼者の望むものを出来るだけ引き出すために、何でも聞いて、見落としいることはないか?を常に考えることが大事であり、わかったつもりや、これでいけそうだなで終わらせないのが大事と仰っています。

あらゆることに真摯に向き合い、意識のストックを増やしておくことで、ひらめきが生まれるのだ、ひらめきは、準備しているものにしか訪れないということも仰っています。

このあたりは、名書「アイデアの作り方」にて、触れられている、第三段階にあたる、徹底的に考えたらいったん寝かせるの部分と本質的に同じものだとも感じました。

もちろん仕事には、ミスもつきものなのですが、自分のミスだけでなく、他人のミスまでメモって次に活かそうとする姿勢が大事と仰っています。

歴史や経験だけでなく、他人の経験までというところでしょうか。

仕事を頼む際の心構え

仕事を頼む際には、伝わらなくて当たり前という意識を持ち、仕事の内容を頼むだけでなく、

着地のイメージや「なんのためにこの仕事を頼んでいるのか」までを伝えるのが大事と仰っています。

忙しさを理由に丁寧な説明を怠ることもある私自身としては、戒めないとなと感じる部分でした。

次に、もし、意思伝達にミスがあったなどで、仕事にミスが発生した場合には、「自分は言ったのに」と

相手だけを責めるのではなく、

自分の伝え方は正しかったのか?

相手が聞く態勢のときに伝えていたのか?

その説明は十分わかりやすいものだったのか?

を見直して、自分に原因があったのではないか考える姿勢が大事であると仰っています。

私自身としては、仕事を頼む際に、

・どれだけの時間がかかりそうな仕事かを伝えて、わからないことがあれば、適宜相談してほしい

旨を伝えたりしていますが、仕事を受ける側でも気をつかって、相談できないということも考えて、

・適宜ケアしてあげる態勢は整えていたか

相手のわかったつもりに甘えていなかったのか

なども見直しの際には、重要なのではないかなと個人的には考えています。

そのうえで、小山さんは、仕事を達成したときには、しっかり褒めるということも大事と仰っています。

「やってみて 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」

という山本五十六さんの名言も取り上げています。

と言いつつつも、忙しさにかまけて、完全に見直せていないのが実状なので、これも自分を戒めないとなと考えた次第です。

成長を加速させる業務報告と振り返り

小山さんは、会社に入ったばかりの新人と部下を持った上司が同じフォーマットで報告しようとするのがそもそもおかしいと仰っています。

あくまでも業務報告のフォーマットは、会社に与えられたものをそのまま使うのではなく、

「自分の成長のために、何を日々振り返るべきか」

を考えて、試行錯誤するのが大事と仰っています。

造られた枠の中で、何かを行おうと考えてしまいがちな私としては、非常に刺激となる一文でした。

と言いつつも、日々の仕事が忙しく、少しでも早く帰りたいという終電間近の時間に、反省や振り返りをまとめるのは、敬遠しがちです。

ただ、余裕を持って、仕事を切り上げるなりして、その10分~20分をつくることが、将来への先行投資であるという意識が大事であるということなんですね。

成長は自分のキャリアだけでなく、お客様へのサービスに対する付加価値向上にもつながるので、振り返りをしないのは、不誠実にもつながるとも言えるのではないかと改めて痛感しました。

一日の終わりの時間に振り返るのは、時間もかかり漏れも生むので、大事なのは、一日の中でのスケジュールの管理の中に、振り返りや反省をメモとして、リアルタイムで書きこんでいく仕組みを作ることが大事なのではないかと感じました。

この一冊お菓子職人さんの話ですが、ビジネスパーソンの私達の働き方にも、取り入れられることが非常に多い学びの一冊かではないかと感じました。

コヤマロールまた食べたくなりました。

ではまた!

まとめノート(時間がない方は、これだけ見てもOK!)

The following two tabs change content below.

税理士 ヒロ

経営者、数字が苦手な方に寄り添い、税務の立場から支援したいという思いから税理士を目指し、20歳の時に税理士試験に合格しました。 その後、資産承継、事業承継に特化した税理士事務所に入社し、日々顧客の満足とは何か、自分の成長の形とは何かを追い求め、7年目に突入しました。 こちらのブログでは、私の日々の学びやアウトプットを記事として投稿しておりますが、会社経営をされる方、新規事業を考えられる方、事業戦略を考えている方の少しでも参考になれば嬉しい限りです。 私のアウトプットを通して、足りないと感じていた1ピースや、改めて見つめなおすべき1ピースを見つけ、考え直す場として活用頂ければと考えております。

経営者向けおすすめビジネス書の要約の最近記事

  1. すべてがオンラインになった世界でのビジネスの在り方と成長戦略

  2. デザイン経営を後押しする人材戦略を考える

  3. 「考える力」と「感性」が求められる時代の歩み方とは

  4. プラットフォーマーとは何か?成長のためには、何が必要なのか?

  5. インターネットの正しい歩き方を考えよう【自分の頭でしっかり考えるための問題提議】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 最年少合格税理士の独り言

    ボクが考える無料化の威力
  2. 資産承継について考える

    資産や事業を守るための「倒産隔離機能」活用を考える
  3. 経営者向けおすすめビジネス書の要約

    すべてがオンラインになった世界でのビジネスの在り方と成長戦略…
  4. 最年少合格税理士の独り言

    二兎を追う者だけが三兎を得る【本当にそれって選択すべきことで…

おすすめ記事

Twitterのフォローはこちらから

YouTubeサブチャンネル

PAGE TOP