事業戦略と事業承継を考える経営者向けに最年少合格の税理士が運営するオンラインサロンです

  1. 経営者向けおすすめビジネス書の要約
  2. 66 view

AIについて理解する【AIビジネスの可能性】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 32 秒です。

今こそ知りたいAIビジネス/石角友愛

えっ!美人!!正直この一冊を手に取ったきっかけの一つであったことは間違いない。しかし、間違いなく良書である。

AIに仕事奪われるんじゃないですか?

僕らの仕事はもうすぐ終わりですか?

というような話をする人がいる。

そういう人達には、是非読んでほしい一冊である。

2019年のビジネス書大賞に、「AIvs教科書が読めない子ども」が選ばれ、

シンギュラリティ(AIが人間を超え、AI自身がより性能の高いAIを作りだすような世界)は来ない。

・AIが東京大学の試験に挑戦する

AIの限界がどこにあるのか

という話が話題になった。

ITで何ができるのか、何が課題となるのかを語るうえで、まずあまり理解が深まらないと話にならないのが、「AI」。

AIをペッパー君のようなロボットのことを言っているんだとか「AIにやってもらえばいい」のような表現を使う人もいて、「AI」って正直なんなの?

と思う人もまだまだ多い。

AIを使ううえでは、ビッグデータ集めればそれでいいんでしょ?と言っている方も多い。これに関しては、間違いではないが、では、ビッグデータはどんなものを想定しているの?今あるデータを詳細に項目分けできているの?どこから集めてくるの?と聞かれるとドキリとする方も多いだろう。データは、石油にもゴミにもなるという話は、エンジニアの経営者と話していてもよく話題になる話で、本書は、データをゴミにしないために、どうすれば良いのかをわかりやすく理解するための一助にもなるだろう。

この本では、AIビジネスというタイトルにもある通り、実例を交えながらこれからのビジネスについても触れているのだが、主に触れられていることは、以下の5つである。

詳細は、まとめノート参照。

①AIとは?

私たちの生活でなにげなく身近にあるAI 

③AIの使い方、有効活用 、データは石油にもゴミにもなる。

④これから求められるビジネススキル

⑤AIビジネスを成功させるには?

一番抑えておきたいのは、 冒頭に出てくる「AIが〇〇する」ではなく、「AIで〇〇する」なんだということ。あくまで、私たち人間は、使う側であり、ライバルではないということだ。

自動運転が話題になったり、AIに今後取って変わられる仕事に注目される世の中になってきたが、、AIにより、何が変わるのか、どこに限界があるのかを知っておくことは、経営会議や、新規事業開発を考えるうえでも大事なスキルになると感じています。

まとめノート(時間がない方は、これだけ見てもOK!)

The following two tabs change content below.

税理士 ヒロ

経営者、数字が苦手な方に寄り添い、税務の立場から支援したいという思いから税理士を目指し、20歳の時に税理士試験に合格しました。 その後、資産承継、事業承継に特化した税理士事務所に入社し、日々顧客の満足とは何か、自分の成長の形とは何かを追い求め、7年目に突入しました。 こちらのブログでは、私の日々の学びやアウトプットを記事として投稿しておりますが、会社経営をされる方、新規事業を考えられる方、事業戦略を考えている方の少しでも参考になれば嬉しい限りです。 私のアウトプットを通して、足りないと感じていた1ピースや、改めて見つめなおすべき1ピースを見つけ、考え直す場として活用頂ければと考えております。

経営者向けおすすめビジネス書の要約の最近記事

  1. すべてがオンラインになった世界でのビジネスの在り方と成長戦略

  2. デザイン経営を後押しする人材戦略を考える

  3. 「考える力」と「感性」が求められる時代の歩み方とは

  4. プラットフォーマーとは何か?成長のためには、何が必要なのか?

  5. インターネットの正しい歩き方を考えよう【自分の頭でしっかり考えるための問題提議】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 最年少合格税理士の独り言

    ボクが考える無料化の威力
  2. 資産承継について考える

    資産や事業を守るための「倒産隔離機能」活用を考える
  3. 経営者向けおすすめビジネス書の要約

    すべてがオンラインになった世界でのビジネスの在り方と成長戦略…
  4. 最年少合格税理士の独り言

    二兎を追う者だけが三兎を得る【本当にそれって選択すべきことで…

おすすめ記事

Twitterのフォローはこちらから

YouTubeサブチャンネル

PAGE TOP